タグ:カルドセプト3DS ( 64 ) タグの人気記事

13・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナー、今日もマルセスブルク在住のハンスさんからの質問です」
モ○ック 「どんな疑問にも答えてやろう」
クレリック「『モ○ック教授、クレリックさんこんにちは。私は王国親衛隊に勤めているハンスであります。ソーンフェターが優秀という話がありましたが、採用率が低いのはどうしてですか?。。。』・・以前の火クリーチャーで防御に適したクリーチャーの質問の際に教授から紹介があったお話ですね」
モ○ック 「採用率が低いから”実は優秀では無い”と疑っているようだな。ではそれについて教えてやろう」


モ○ック 「ソーンフェターは移動を封じる呪いを掛けるスペルだ。これは移動侵略を前提とした攻撃系ブックに大きな支障となる。そしてソーンフェターを掛けられたクリーチャーが攻め込まれた場合に戦闘終了時にMHP-20があるというのがもう1つのポイントだ」
クレリック「防御用スペル、但しそれ以外の活用もあるという事ですね」
モ○ック 「その通りだ。さて、ではこのスペルがなかなか使われない理由だが、1つ目の理由は”ウィークネス”があまりにも優秀という点だ。同じ防御用スペルであるが、ウィークネスはSTを0にするためSTの高さで勝負するコロッサスやナイト、グレンデルなどは1回手札に戻す必要があるから対侵略クリーチャーを無力化してかつ、手札に戻すという手間を掛けさせるというデメリット効果が非常に高い」
クレリック「しかし、ガルーダさんやレッドキャップさん、シェイドフォークさんのような青天井系には効果が薄いですが…」
モ○ック 「青天井系の無効化にはターンウォール。という事で2種類のスペルを積むことになるので他のスペル。ソーンフェターの採用率が低くなるのは仕方ない事だな。ウィークネスは1ドローもあるから採用率が非常に高い。それプラスあと1つスペルとなると直接無効化できるターンウォールのほうが、ソーンフェターより優れているように見えるのだろう」
クレリック「えっと。。ではソーンフェターはそれらのスペルより優れてないからという事ですか?」
モ○ック 「ほとんどのブックにおいてはそうなる。。。では”ほとんどのブック”という意味を続けて解説する」


モ○ック 「移動侵略で最も問題になるのは青天井ではなく即死持ちだ。無属性のクレリックは置いておく。。。その場合に問題になるのはイエティがいる火属性、ダンピールがいる地属性だ。風は移動侵略は逆にガルーダで仕留めればいいし、水はネッシーやシーボンズ、ボジャノーイのように移動侵略なんか関係ない防御力が高いクリーチャー揃いでわざわざソーンフェターを使う必要も無い」
クレリック「では地属性でソーンフェターが採用されない理由を教えてください」
モ○ック 「地属性はクリーチャーの素能力だけでダンピールを止められるクリーチャーがいない。その代わり地の土地に置いたグルマネキンはガルーダが絶対に進入できないので青天井+即死持ちの2つの対応はほぼ必要なくウィークネスだけでほぼ無力化できるのが大きい。」
クレリック「ガルーダさん無効は。。。反則級に優位ですね」

モ○ック 「火は即死系&青天井が攻め込んでくるから足止めのソーンフェターは有効。そしてソーンフェターを活用した攻撃が有効なクリーチャーが多い。」
クレリック「ソーンフェターを活用した攻撃というのは?」
モ○ック 「直接MHPに対して攻撃できる能力だ。貫通攻撃(ナイトメア・ドルール・トロージャンフォース)、巻物攻撃(巻物・パイロマンサー)、雪辱(ライフスティーラー、コダマ)、逆襲(サルファーバルーン)。さらにMHP20即死を活用したラットハンターコンボがある。。。見事なくらい火属性専用になるのも仕方ないところだな」
クレリック「地属性のコダマさんならソーンフェターは手に合うんじゃ?」
モ○ック 「無効化されて雪辱を発動させなくてはならないという前提が入る上に、普通の敵相手だと雪辱のMHP30ダメージは力不足。それにコダマより優秀な能力を持つ援護クリーチャーが地属性には多すぎてコダマは採用されないから、ソーンフェターを使うようなブック構成にならないな。。。ラットハンターもケルベロスが使えば即死コンボも成立するが、こっちも採用率がそれほど高くないからなぁ。。。」


モ○ック 「火属性は防波堤としてソーンフェターを使うだけでなく、侵略先の相手に掛けることでパイロマンサーならMHP50、サルファーバルーンなら自爆込みでMHP60の拠点までを相撃ちに持っていく”高額拠点対策”として非常に有効に活用できる・・・早い話も無いが火属性使いしかソーンフェターを本当に有効に使うブックができないから採用率が低いというわけだ。」
クレリック「弱いスペルではないことはわかりましたが…。なかなかに難しいですね」
モ○ック 「火属性に適したクリーチャーもスペルも。。。個性的過ぎるんだよ。。。」
クレリック「。。。そですね。。。」
モ○ック 「・・・はぁ。。。」

火属性使いセプター頑張れ!!、超頑張れ!!

[PR]

by exsir | 2014-05-23 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

12・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「新コーナー『このカードを使え!』をお送りします。前回は教授からお題が出題されました。」
モ○ック 「風クリーチャーの”イグニズファツィ”を4枚ブックに入れて最大限に活用するブックを募集したぞ。さて、どんな作品が来たか楽しみだな」

クレリック「作品の紹介の前に”イグニズファツィ”について教授からカードの解説をお願いします」
モ○ック 「そうだな、では紹介しよう。”イグニズファツィ”は風クリーチャーでレアリティはR、ステータスは10-30とお世辞にも強いクリーチャーとは言いがたいスペックを持っておる。しかし即死(70%)があるので攻撃の切り札、踏んだ際の最終手段に使えそうだ。。。。後手さえなんとかすれば」
クレリック「配置コストは?」
モ○ック 「なんとたったの10で召喚できる。が、風土地が2つ必要な上に生贄が必要というロードと同等の重い配置コストをもっておる。さらに火と水には直接召喚ができないから全クリーチャートップクラスの配置難クリーチャー(トップはメガロドン)といえる」
クレリック「召喚の難しさとデメリット能力の後手が非常に重いですね」
モ○ック 「その通り。この2つの問題を解決しながら活用するにはどうするかがセプター諸君の腕の見せ所だな」
クレリック「では応募作品の紹介です」


応募作品1「ソンギョウジャの即死狙いブック」
ブックコンセプト
みんなしんじゃえー(リエッタ)
解説
イグニズファツィの弱点である「配置までのコストが重過ぎる事、自身のスペックが低くて戦闘に向かない点」をソンギョウジャの援護として使うことで活用するのが目的。イグニス以外の即死クリーチャー、防御向きのクリーチャーも多数準備してソンギョウジャを暴れまわらせる攻撃ブック。援護に使用するクリーチャーの特性を知り尽くした上級者向けブック

アルダー
ソンギョウジャによる攻防がキーとなるブック。攻撃面は即死能力持ちでなかなかのものだが防御面は正直厳しい。ソンギョウジャのMHPが30しかないのでグレムリンアムル、ザハンド、グレムリンの攻撃を凌ぐのが困難。特に採用率の高いグレムリンアムル対策をもう一工夫する余地があるのでは。(6点)

ライバーン
イグニズファツィをそのまま使うのは厳しいが即死能力はピカイチ。クレリック、サムライ、イクストル、イエティ、ダンピールそしてイグニズを入れたこのブックは、配置条件に悩む事無く即死能力を活用できるプラス面を前面に押し出した侵略系ブック。取り回しの難しさはあるが即死の決まった時の快感は最高。攻撃・侵略系ブックが好きならこいつに決まりだ。(9点)

バルベリト
援護&模倣の着目点はなかなかのもの。うちの緑色に空席ができたからスカウトしたいところだ(6点)

ルシエン
速攻派が優位の今作では配置条件が多いクリーチャーが多すぎるこのブックは序盤の出遅れが命取りになるのではという印象。先制持ちの相手拠点への侵略が非常に難しいなど逆転までに時間が掛かるのは致命的かと思います(3点)

モ○ック 「どこかで見たようなレビューだな。。。」
クレリック「それっぽく編集しました」
モ○ック 「。。。悪くは無いな」
クレリック「では次の作品です」


応募作品2「即死持ち拠点ブック」
ブックコンセプト
私は水属性クリーチャーしか使わないからよくわからないけど、即死持ちなら拠点で使える気がするわ。(ミュリン)
解説
水の攻略難拠点であるボジャノーイを参考にしたイグニズファツィ防御拠点。シルバーアイドルを利用する事で非先制持ちのガルーダ/レッドキャップ/コロッサスが迂闊に移動侵略をできない拠点となる。配置までの条件や弱点も多いものの、配置された後は排除するのがなかなかに難しいため敵の属性領地に置けばアドバンテージは大きいはず。

アルダー
イグニズファツィを拠点にするという既存の常識を覆したブック。シルバーアイドルにて後手を打消して即死70%を活かすのは面白い発想といえよう。しかし風は先制でランドプロテクション拠点へも侵略できるテングがおりシルバーアイドルの優位性が無い。テング以外にも風は先制持ちが多く拠点を守りきるのは難しいのがマイナス(4点)

ライバーン
ボジャノーイ拠点に比べると明らかに劣化であり拠点の守りとしては不合格レベル。だが、連鎖拠点や撒きとしての敵の配置妨害用と考えれば、シルバーアイドル影響下のイグニスは排除するのがなかなか面倒で相手の達成速度を落とす働きが期待できる。イサーフラッシュ、ゴールドアイドル、シルバーアイドルを使う前提ならそれなりに戦えるか?(3点)

バルベリト
発想から間違っておる(0点)

ルシエン
イグニズファツィを配置するまでの手数、拠点の防衛用の手数があまりにも多すぎます。ハンババを配置された場合にST=0となり即死の優位性も無くなるなど活用する条件が厳しすぎるのではないでしょうか(2点)

モ○ック 「発想はなんとなくわかるんだが。。。」
クレリック「クリーチャーの能力がついてきませんね。。。やはりイグニズファツィを選んだのは失敗のような。。。」
モ○ック 「まだだ、もう1つ応募があるだろ」
クレリック「では最後の作品です」


応募作品3「レッドキャップ・無属性ブック」
ブックコンセプト
よくわからないけど作ったであります(ハンス)
解説
配置コストや能力のダメさやスペックの低さから使うのを放棄。
生贄コストに悩む「レッドキャップ、デコイ」を使う無属性ブックで生贄として働いてもらえば役立つはず。

アルダー
ゴブリンズレアの召喚用の生贄にイグニズファツィを使うというのは、いろいろな意味を含めて実用性が高いといえる。捨てるよりは活用されているのでイグニスも本望であろう(9点)

ライバーン
ゴブリンズレア好きとしてはたまらないブック。ゴブリンズレア&デコイの召喚に大活躍するイグニズファツィ。バンディットの援護としてはアイボリーアイドル影響下でもたった20Gで召喚できるぞ。無属性ブックの縁の下の力持ちとしては出来すぎではないだろうか(9点)

バルベリト
妥当な使い方だ(9点)

ルシエン
無属性の召喚の生贄持ち(レッドキャップ、デコイ、レイス、グレートフォシル、ゴブリンズレア)の活用をメインとしたブック。ゴールドアイドルを使った場合、相手の速度が速くなるのを嫌う意味でもこのブックでのイグニスの活用(生贄)は妥当ですね(8点)

クレリック「ということで、ハンスさんの「レッドキャップ・無属性ブック」が最優秀賞に決まりました」
モ○ック 「配置してやれよ。。。。」
クレリック「応募してくださったセプターの皆さんありがとうございました。来週からこのコーナーは無くなるそうです」
モ○ック 「えっ?やっぱり?」
クレリック「不人気なので。。。では来週はいつもの疑問に答えるコーナーでお会いしましょう。

おわる

[PR]

by exsir | 2014-05-16 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

11・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナーに続き、新コーナー『このカードを使え!』をお送りします・・・教授、どんなコーナーなんですか?」
モ○ック 「うむ説明してやろう。カルドセプトには実に様々なカードがある。使われやすいカード、使われにくいカードがあるのは当然のことであるが、中には実際に使ってないのに”なんとなく使いづらそう”という理由だけで敬遠しているカードも多いはずだ。」
クレリック「万能性のあるカードはたくさんのセプターさんが使っていますが、尖った能力やデメリット能力があるカードは不人気なのが多いですね」
モ○ック 「そこでこのコーナーではワシから特定のカードを指名して、そのカードを4枚入れて活用するブックを作ってもらおうというものだ」
クレリック「と、なると指名するカードは尖った能力や使い勝手が難しいカードが多いんですね。」
モ○ック 「セプター諸君の能力を試して新しい使い方の発見を促進するためだ、ある程度難しいカードを選ぶつもりだ」
クレリック「では記念すべき第1回のお題カードをどうぞ!」
モ○ック 「第1回のお題は”イグニズファツィ”だ!」
クレリック「…このコーナー、第2回が無いような気がしてきました。」
モ○ック 「なんだと!ワシの選んだカードにケチをつけるのか!?!?」
クレリック「第1回だからもっと無難に、それなりに使われているウェンディゴとかマーネスとかゼラチンウォールとかにしようと打ち合わせていたのに、、、」
モ○ック 「いや、それじゃつまらないだろう?」
クレリック「第1回からハードルが高すぎる気がします。。。」
モ○ック 「多少難しいお題だとはおもうが、ソルタリアのセプターはきっとすばらしい活用を見つけるはず。最初から簡単すぎるお題で興味を持ってもらえないのもまずいだろう?」
クレリック「…まあ、いいです。 さて、応募していただいたブックはソルタリアの3賢者のアルダー様、バルベリト様、ルシエン様、そして三下ライバーンさんに審査していただいて優秀作品を決定する予定です。。。。来るかわかりませんが皆さんの応募をお待ちしております。」
モ○ック 「待っておるぞ」

つづく

[PR]

by exsir | 2014-05-09 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

絨・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「今日は前回の続き、火で防御に適したクリーチャーのケットシーを使いこなす手法について教授の編み出した策を教えていただく回です。前回はソーンフェターとラットハンターを使うプレイを紹介いただきました。今日はどんな話をしていただけますか?」
モ○ック 「まずはケットシーの弱点を補いつつ火のブックを強化するという策を教えてやろう」
クレリック「今回も何か特別なアイテムやスペルを使うのでしょうか?」
モ○ック 「そうだ。最初に触れたファイアードレイクをうまく活用する手段にも繋がるのだが、ターンオーバーを使うというのが面白いぞ。」
クレリック「なるほど、ファイアードレイクの攻撃力を上げてブック自体を侵略系として守りの負担を軽減するんですね。」
モ○ック 「ファイアードレイク、マトックテイル、ラルバ、アヴェンジャーなどがST50になるとかなり強力、マトックテイルのレベル上げを狙った牽制・アイテム消費の侵略やラルバ/アヴェンジャーのST/HP補正がうまく活用できれば敵は防戦一方になる。そこにアイテムをもう2品加えるのがミソじゃ」


クレリック「2つですか。それは?」
モ○ック 「まずはウイングブーツ。ファイアードレイク、ラルバが先制になると風や水の先制を活かした防御拠点の優位が吹っ飛ぶ。ウイングブーツはコストが安い上ブック復帰なのでどんどんと使える。ウイングブーツは破壊・奪取不能なのでレプラコーン+ダイナマイト(ストームコーザー)を食い止める貴重な手段にもなる。」
クレリック「あまり採用されないアイテムですが、このブックには有効ですね」
モ○ック 「そしてブーメラン。ターンオーバーされたファイアードレイク、マトックテイル、ラルバ、アヴェンジャーのSTがさらに+20されるという超攻撃系ブックになる。手札復帰効果もあり非常に強力。ウイングブーツとブーメランという低コストのアイテムだが連鎖崩しを止めるのが苦しくなる。」
クレリック「しかし、敵のSTも上がるので対応が難しくなる気も。。。」
モ○ック 「ST20と30のクリーチャーがこれでST40以上となってケットシーの無効化対象になるのが結構大きな効果だ。ST40のイエティは変化無しで無効化対象のまま。マイナス面は少ないはず。2回使えばレッドキャップ、ガルーダも無効対象になる。」
クレリック「ちょっと強引な策だとおもいますが。。。」
モ○ック 「ケットシーをST40にするのが狙いでもあるから問題ない。これでヘルブレイズの強打が発動しなくなる。HP+30でヘルブレイズ(非強打)が耐えられるからニュートラクロークを別(イエティ対応用)に使えるようになる。」
クレリック「意外と見落としがちですが、それは大きい...んでしょうか?HP+30の防具なんて使うんですか?」
モ○ック 「リビングシールドを使えば耐えられるという意味だ。道具制約があるクリーチャーがいたり初期配置できるクリーチャーが少ないブックならリビングシールドはよい働きをするぞ。」
クレリック「なるほど。それなら納得です。」

モ○ック 「ブーメランがあれば、パイロマンサーの侵略に1回耐えられる。直後にこちらから仕掛ければパイロマンサーを仕留められる。パイロマンサーに一方的に弱かった部分が改善される。HPが+10されるのは無効化対象外(ST39以下)の連続攻撃に対する防御効果としても有効に働くだろう。ゲーム全体のSTが高くなったのを利用してサルファーバルーンの相撃ちがさらに有効に働くなど、火にとってはマイナスよりもプラスに働く面は多い。地の援護が無駄にSTが強くなるので相撃ちがどんどんと刺さるぞ。」
クレリック「防御力を高める工夫をしている地援護ブックが、STが上がりすぎて苦しむ経験などなさそうですから混乱しますね」
モ○ック 「だがウンディゴがST50とか思ってもみなかった強敵が現れるのもこの策の特徴で、ゲーム全体をよく観察して対応する細かいプレイができるかが勝敗の分かれ道になるだろう。これはこのST上げプレイに慣れているかが1つのアドバンテージだ。どんどん対戦してプレイスタイルを掴みたまえ。」


クレリック「さて、教授、ここまでいい話ばかりでしたが、何か問題とか弱点があるんじゃないでしょうか」
モ○ック 「万能性の低い火だから当然ある」
クレリック「やっぱり。」
モ○ック 「そうやっぱりだ。。。。ケットシーは防魔持ちで地変や呪いに強い反面リリーフできないという話をしたが、水地形に入れない(配置制限)もあるので意外に配置が難しくなるケースが多いといわれている。例えばデュナンのように水と火が繋がっているマップでとりあえず水に配置して移動して火を確保というようなプレイができないので重く感じることもあるだろう」
クレリック「対策は?」
モ○ック 「リビングシールドやシェイドフォークなど火の弱点をカバーしつつ撒きにもなる無属性クリーチャーの採用が1つの解かな。これはブックバランスによるから正解は無い。いろいろ検討してみたまえ。それよりも大きな問題があってな。。。」
クレリック「あ、まだあるんですね。」

モ○ック 「ケットシーは防御面でなかなか優秀なのだが、ケットシーの防御を高める工夫をすればするほど攻撃面に噛み合わないという問題がある」
クレリック「それはどんなことでしょう?」
モ○ック 「単純にジェネラル=カンに噛み合わないというところから始まって、MHPを35にするとかなりの強さの拠点になる(コダマ雪辱、ライフスティーラー雪辱、コモン巻物、パイロマンサーの攻撃をノーアイテムで1回受けきれる)のにマスグロースを使うとサルファバルーンの相撃ち/高額土地回避運用が極端に難しくなる。」
クレリック「サルファバルーンはある意味、火の攻撃の切り札ですから大きな支障になりますね。」
モ○ック 「ガルーダ/ナイトフィーンド、イエティと相撃ちできないなら使いどころがかなり減ってしまう。致命的かもしれないぞ。だがマスグロースしてもサルファーバルーンをうまく活用できる手もあって。。。」
クレリック「あるなら問題ないじゃないですか」
モ○ック 「プレイグを使う手だ。」
クレリック「なるほど毒でダメージを増やせば問題ないという策ですね」
モ○ック 「しかし、防魔持ちとプレイグの相性が最悪で、ケットシーの毒を取り除く方法が…。」
クレリック「…それは使えませんね。。。」
モ○ック 「あとターンオーバーでST40にするとサルファーバルーンを倒せてしまい、逆襲をくらう可能性があるのも問題ではあるが、、、まあ火ブックの採用率がそれほど高くないから問題はないだろう。相手がサルファーバルーンを使う火使いだったらターンオーバーしなければそもそも問題ない。」


クレリック「コダマ雪辱、ライフスティーラー雪辱対策は?」
モ○ック 「コダマ・ライフスティーラーは案外使用率が低いから遭遇するのは稀。運悪く使用しているセプターと戦う場合は無効化防具は使用せずにニュートラクロークで耐えるのがいいだろう。コダマ+コロッサスとかシェイドフォーク+ライフスティーラーとかST40以上のクリーチャーがライフスティーラーなど、ケットシー&無効化アイテム&ニュートラクロークで防げない攻撃もたくさんあるからネクロスカラベは必須になるがな。」
クレリック「なるほど。」
モ○ック 「いずれにしてもアイテムを使う場面をしっかりと見極めてブラフ侵略でアイテムを消費しないことだ。逆にサルファーバルーンやファイアードレイクでブラフ侵略したりして相手のグレムリンアムルなどを消費できるかが勝敗を分けるぞ。」

クレリック「ところで、これだけ対応策や応用を知っている教授はどうして火を使わないんですか?」
モ○ック 「こんな面倒なアイテム管理、敵の行動管理が必要な火ブックでやる気などないわ」
クレリック「え。。。えと。。。たしかにいろいろとキツいですね。。。」
モ○ック 「それでもやろうというドMなセプターは挑戦したまえ! ワシは生暖かく見守ってやるぞ!」
クレリック「えーーー、生暖かくみんなで見守ろうという結論になりました。以上、現場からお伝えしました・・・」

おわれっ!

火属性使いセプター頑張れ!!、超頑張れ!!

[PR]

by exsir | 2014-05-02 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

灸・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナー、今日もマルセスブルク在住のハンスさんからの質問です」
モ○ック 「どんな疑問にも答えてやろう」
クレリック「『モ○ック教授、クレリックさんこんにちは。私は王国親衛隊に勤めているハンスであります。火で防御に最も適したクリーチャーを教えてください』・・まだ火属性で頑張るみたいですね」


モ○ック 「火をメインで使うならばケットシー(防魔:無効化[ST40以上])を使うのが1つの有力な選択肢だ。ST40の無効化対象はそれなりに多くて”連鎖崩し”要員になっているクリーチャーをノーアイテムで止められる。アタッカーとして採用されやすく火にとって厳しい敵であるコロッサスやイエティの攻撃を無効化できるのが大きく火の領地の防波堤として活用できる。」
クレリック「対イエティ限定の目的だけでも役立ちますね」
モ○ック 「イエティに攻め込まれつつもパワークラウンの効果を使える非先制クリーチャーはケットシーだけだ。STが高い敵に巻物や武器を持って連続攻撃をするなど連鎖崩し役としても使えるぞ」
クレリック「ST20しかないケットシーじゃ連続攻撃とかあまり現実的じゃないような…。」
モ○ック 「ST40無効化を利用して隣接した敵(高ST)にソーンフェター(対象クリーチャーは移動できない:戦闘終了時、MHP-20)を掛けて攻撃するのだ。この方法でイエティを倒すこともできるぞ」
クレリック「無効化を活かして連続侵攻の嫌がらせができるイエティ相手に、逆嫌がらせできるんですね^^」
モ○ック 「ソーンフェターがケットシー専用のスペルになるならあまりおススメしないんだが、ソーンフェターはパイロマンサーとの相性もいいしラットハンターを使う即死コンボ(対ガルーダ/レッドキャップ)もあるから火のブックに合うスペルだ。」
クレリック「なるほど貫通攻撃になるパイロマンサーさんの巻物攻撃にソーンフェターが加わればMHPに50ダメージ。。。あ、イエティさんも倒せるんですね。なかなか有効ですね」
モ○ック 「それにソーンフェター解除にチャリオット、テレキネシス、スレイプニルの領地能力を使ったとしてもケットシーは防魔なのでケットシーに直接干渉しつつソーンフェターを解除できないという効果もある。もちろんソーンフェターはエグザイル用の前フリに使えるから地援護拠点崩しや水の拠点対策としても利用可能だ。」
クレリック「ソーンフェターは意外にも防御面で優秀なカードなんですね。」
モ○ック 「その通り。あまり使われないスペルだがワシのようにしっかり研究しているセプター達には静かなブームになっておるぞ。」
クレリック「ブームですか????  静か過ぎてわかりませんでした。」

モ○ック 「おい。。。。まあいい話を戻そう。ケットシーの侵略の使い道だが、有名な使い方がゼネスのレベルアップステージ10の4王への連続移動侵略と協力戦の最終戦(友情の果てに…)のゼネス弱体化狙いの4王への侵略だな。防魔なのでゼネスのミサイルスペル(マジックボルト&イビルブラスト)の対象が取れない上になまじ強力なクリーチャーばかりのゼネスのブックではケットシーの無効化対象が多すぎて倒せるクリーチャーが極端に少ない。その状況で、足止めスペル~4王への移動侵略を連続で決めると100Gずつの出血で魔力をどんどんと削れてゼネスの行動が制限されて、強力なブックが仇になって行動が取れなくなる。」
クレリック「ゼネスさんがヘルブレイズを手札に抱えたらケットシーの攻撃もできなくなりますが。。。」
モ○ック 「いや、本当の狙いはケットシーを倒すためにヘルブレイズを使わせる事だ。ヘルブレイズさえ無くなればリフレクション拠点(オールドウィロウなど)がかなり安全になる。無茶な難易度のステージ(敵がハンデ9,10)の突破口を作る役目になるから大事に使いたいところだな。」


クレリック「ST40の無効化が攻防に役立つだけに防魔でリリーフできないのが残念ですね。」
モ○ック 「防魔持ちというのはメリット面が多い。リリーフできないというデメリットはきちんと火に配置するなどのプレイングでカバー可能。先に話した通りコロッサスやイエティの連鎖崩し対策がメインなので火以外に配置する必要性が低いから”単なる撒き”とは違うという事を意識したいところだな。マイナス呪い付与(シニリティ、バインドミスト)が付かない強みは通常の対戦もそうだが、レベルアップステージで輝く」
クレリック「教授のステージのクインテッセンス連打とかを防げるだけで有力ですね」
モ○ック 「クインテッセンスや土地レベル下げスペルによる妨害が苦手で、かつリリーフを使いたければバロンを使うのがいいだろう。バロンは小娘(セレナ)のサブサイト対策にもなる。MHP40以上なのにアースシェイカーを無効化できるから対人戦でも活躍が見込めるだろう。 さて、本題に戻ろう、ケットシーの防魔は地変スペルが対象にならないから序盤のマジックブーストでLv4にさっさと上げることができるのが大きい。さらにチャリオットやスレイプニルによる移動侵略の対象にならないので風の移動侵略ブックの速度を落とすこともできる。」

クレリック「でも風の主戦力のガルーダ、ナイトフィーンドさんはST0の変動クリーチャーなのでケットシーでは止められないですね」
モ○ック 「ケットシー単体でなんでも止めるのは難しい。防具を節約しつつ火のクリーチャーを活かした防御策としてはサルファーバルーンを活用する手で、ガルーダ~サルファーバルーン~ケットシーという順番に並べばチャリオット/スレイプニルによるガルーダの機動力が全く活かせなくなる上に、サルファーバルーンがガルーダに攻め込めば相撃ちなので風使いは苦心することになる。」
クレリック「風の強いところはチャリオット、スレイプニルによる機動力がある攻撃だけに、それを封じることができれば戦いやすくなりますね」
モ○ック 「ガルーダに隣接されても無効化防具を使えば耐えられる。プラス面とマイナス面のバランスを考えつつレイオブロウでグレムリンアムルを破壊しておけば、ファイアーシールドの25Gだけで防御できる。」
クレリック「ガルーダ側は倒される心配が無いからどんどんと移動侵略してくるのでは?」
モ○ック 「移動侵略は仕方ない。だがケットシーの防魔のおかげでチャリオット/スレイプニルによるガルーダ移動はできないので意外とケットシーの場所を攻略するのにターン数を要することもあるぞ。その間にガルーダにサルファーバルーンをぶつけたいところだな。先に話したソーンフェターによる封じや、ソーンフェター用に仕込んだラットハンターを持って先に仕掛けるという策もある。」
クレリック「MHP30のクリーチャーでは不安材料が多く守りにくいのでは…」
モ○ック 「今作は地援護が圧倒的に強いので地援護を使うセプターが多い。つまりアースシェイカー採用率が高めというデータ結果からもケットシー拠点は有力な選択だ。無論、弱点が多いのはわかっておるので対応が必要だがな。」
クレリック「どんな対応がいいのでしょうか」
モ○ック 「それについては次回に解説してやろう」

続く!

[PR]

by exsir | 2014-04-25 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

蜂・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「さて、若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナー、今日もマルセスブルク在住のハンスさんからの質問です」
モ○ック 「どんな疑問にも答えてやろう」
クレリック「『モ○ック教授、クレリックさんこんにちは。最強の雪辱”即死”を持つイクストルなら火の攻撃の多彩化、敵への牽制など打開に繋がるのではないでしょうか!』...だ、そうです。即死は強いので確かに面白い着目ですね」
モ○ック 「確かに即死は強いが、おまえさん(クレリック)とかイエティとかダンピールのように通常攻撃を当てれば発動するのに比べると、雪辱させなくちゃいかんというのは使い勝手的には問題があるぞ。」
クレリック「それは確かに。」
モ○ック 「だが、発動さえすれば100%というのは大きな強み。70%とか60%は意外とあてにはならん。即死確定を利用する場面を作り出せれば役に立つだろう」
クレリック「では教授に使いこなす方法や、問題点などを解説していただきましょう」


モ○ック 「イクストルは今作から追加された”雪辱”の中で最も攻撃的な能力の”即死”を与えられた。ノーアイテムで火属性最大の敵、イエティを倒すことができる火の切り札的なクリーチャーだ。だが現実はイエティ相手に使うよりはレベルアップステージのアプサラス狩りで活躍しているのはセプター皆の存じている通りだ」
クレリック「レベルアップステージ8専用対抗クリーチャーとも呼ばれています。雪辱は強力ですが50-20というパラではカウンターが怖くて雪辱を活かすのは難しいですね」
モ○ック 「普通に雪辱を狙うのはかなり難しいな。スペルによる事前工作がよいだろう。ウィークネスかシミュラクラムが妥当だろう」
クレリック「どんな違いがあるのでしょう」
モ○ック 「[ウィークネス 対象敵クリーチャーのST=0:カードを1枚引く] は雪辱狙いの事前工作というよりも、対象クリーチャーの戦闘能力を奪うという利用でどんな場所の敵にも利用してもいいという万能なスペルだ。加えて1ドローがあるので使い勝手は更にアップしており、1ターンに2枚引く+ST0効果で思いがけない戦闘勝利などもあるという副次的な効果も期待できる。普通に1ドロー目的だけで入れてもいいし、どう転んでも腐らない良スペルだ」
クレリック「特定の敵のSTを0にできてたったの20という最高クラスのコストパフォーマンスのスペル。どのブックにも合う強力なスペルですね」
モ○ック 「イクストルを入れずにこのスペルだけでもイエティ対策になるのが強みだ」
クレリック「なるほど」


モ○ック 「[シミュラクラム 対象クリーチャーは戦闘中、無効化[通常攻撃]を持ち、その所有者は無効化した通常攻撃ダメ-ジ×3Gの魔力を失う] の場合は使い道がかなり限定される。通常攻撃無効を活かして拠点に使いたいところであるが、今作はST青天井が猛威を振るっている上に、コロッサスの追加で隣接や援護クリーチャーからのダメージも洒落にならないから防御用に使うという用途がほぼ失われており、雪辱狙いに使う定番スペルと思ってよいだろう」
クレリック「今作はリフレクションもあるので防御用としては使い道が閉ざされていますね。」
モ○ック 「リフレクションよりも優れている点は、ルナティックヘア・ルナストーンの即死コンボが狙えない点だ。ガルーダとナイトフィーンドの高額拠点対策としてルナティックヘアを入れているセプターもいるから有効になる場面もあるが、それよりも支払いのダメージが大きいからまず防御には使わないのがよいだろう。シミュラクラムの効果はアイテムよりも優先的に発揮されるのでカウンターがあっても反射されること無くイクストルの”即死”効果を使うことができる。」
クレリック「それなら安心ですね」
モ○ック 「だが。。。。シミュラクラムを入れるならシェイドフォークの方が相性がよいのが現実だ・・・」
クレリック「シェイドフォーク 無属性R 10-40 60G 戦闘中、ST=(対戦相手と同じ属性の配置クリーチャー数x10):雪辱[相手セプターから、その魔力の30%を奪う] +10青天井という非常に強い攻撃系クリーチャーですね」
モ○ック 「中盤以降はなかなか高い攻撃力が期待できるから、シミュラクラムの無効化支払いをさせた後にさらに30%の魔力を奪うというコンボが秀逸すぎる。」
クレリック「アイテム制限が無いので調子に乗ってボーパルソードでさらに強力に魔力へ痛打なども狙えますね」
モ○ック 「そこまでしろとは言わんぞ。。。シェイドフォークならパウダーイーターブックとかマイコロンブックといった特殊な敵相手だとさらに強力な対抗になるなど、汎用にも尖った尖兵にもなる。イエティだろうと他の属性の強敵だろうと倒せるし、敵が少ないうちならST<HPなのでカウンターにも耐えられる。敵のSTを0にしてシミュラクラムでフルボッコという策を狙うのにサキュバスリングを準備しておけば先制拠点だろうと美味しくいただける。配置条件が無いから序盤の撒きから終盤になるにつれ圧倒的な攻撃力を持つアタッカーと正直イクストルより使い勝手がよすぎる。。。」
クレリック「正直、シェイドフォークを選ばない手は無いですね」


モ○ック 「それとシミュラクラムについては問題点というかプレイ上の注意がある」
クレリック「それは?」
モ○ック 「このスペルが手札に見られただけで、ブック内容&作戦が判明してしまう。シミュラクラムは相手の拠点に掛けて使って魔力ダメージを与えるのが目的の可能性が95%くらい。シェイドフォークのコンボ狙いを前提にしたセプターが多いから、シェイドフォークが入っているブックだと教えているようなものだ。」
クレリック「たしかに、そう見られますね」
モ○ック 「それと、高額拠点回避のパワークラウンでのグレートフォシル化狙いの雪辱もセットなのでパワークラウン持ちというのも確実だろう。」
クレリック「なるほど。」
モ○ック 「風のクリーチャーでも見えたらガルーダを使ったシミュラクラムの悪用もバレバレだ。つまり、相手は拠点になるところは防魔またはランドプロテクションした場所しかレベル上げしてこないことになるからシミュラクラムが腐る可能性もある。」
クレリック「いつ使うか、見せ札にするか悩むところですね」
モ○ック 「手札1枚分のスペースを持てるブックかどうか、そういった点でシミュラクラムの使うタイミングを間違えないようにするべきだ。」
クレリック「相手セプターの無造作な土地上げを抑止する点とか、使うタイミングを選べるけど手札で延々と抱えているのが得ではないという点でクインテッセンスとかぶりますね」
モ○ック 「あちらも”汎用だが自分の利益よりは相手の妨害メイン”と言う点とコストが安いというところが似ているな。火は防御力不足、天敵対策はアイテムに依存するプレイスタイルになるから、手札に抱えるスタイルになるシミュラクラム~イクストルはよろしくない。ウィークネス&クインテッセンス~シェイドフォークのようなタイミングに関係なく使えるスペル・クリーチャーをおススメする。。。という事になるな」

クレリック「結局、火のブックを強くするのは火属性クリーチャーじゃないんですね…」
モ○ック 「そんな便利に強い火クリーチャーがいれば、こんな質問も来ないだろ。」
クレリック「。。。そですね。。。」
モ○ック 「・・・はぁ。。。」

火属性使いセプター頑張れ!!、超頑張れ!!

[PR]

by exsir | 2014-04-18 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

ⅶ+1・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「今日は前回の放送の続き、『Lv5火土地にサルファーバルーン、リフレクションを掛けた状態 手持ちにグレムリンアムル、ネクロスカラベ これで拠点を奪う方法』の解答編に、もう1つ解が見つかりましたのでそれを紹介したいと思います」
モ○ック 「むむっ。。。まだ解があるのか???」
  

クレリック「賢者アルダー様が考えたようです。では葉書を読みます。『育てたクリーチャーが可という事なので、ST90以上のシーボンズ[戦闘中、全ての効果や能力は発動しない]をスレイプニルの領地効果で飛ばせば土地を奪えます』だ、そうです。。。。」
モ○ック 「い、異議あり~~~!!シーボンズをST90にする方法がないはずじゃっ!!」
クレリック「。。。えーと、葉書に続きがありまして、『きっとシーボンズがST90になるのはおかしいという反論が来ると思いますのでそれについて解説します』だ、そうです。。。。」
モ○ック 「む、では教えてもらおうか」
クレリック「の、前に教授。どうしてシーボンズをST90にできないんですか?」
モ○ック 「3DS版はレインフォースが無くなり、スペルでSTを上げる方法がターンオーバーだけになった。ターンオーバーで上昇できるSTは50までだ。祠の効果で+5されたとしても55が限度、祠効果が同じ面で同じ効果は出ない。。。。まあ数千ターンやって検証した奴がいないから出るかもしれないが、その間にSTマイナスの効果も出るはずなのでST55以上にするにはアイテム『ウォーターアムル』の効果[敵破壊時、ST+10(最大100)]が必要になるのだ」
クレリック「えっと、つまりシーボンズさんは全アイテム使用不可なのでウォーターアムルの効果を得る事は不可能という事ですね」
モ○ック 「その通りだ。」


クレリック「では葉書の続きを読みます。『まずグロースボディ、ミューテーション、マスグロースでMHP90以上まで増やします。次にバインドミストでシーボンズを麻痺させます。次に麻痺したシーボンズのところにルナティックヘア(ガセアスフォーム持ち)で攻め込みます。シーボンズは麻痺しているので戦闘終了後にルナティックヘアの能力が発動してMHPとSTが入れ替わりST90以上のシーボンズができます』だ、そうです。。。。」
モ○ック 「無茶苦茶だろ、いくらなんでも。。。。」
クレリック「私も同感ではありますが、可能性の問題ですから。。。ありですね。。。」
モ○ック 「ぬぬぬぬぬ、、、、ま、まあ確かに。。そうだな。。。それにしても。。。」
クレリック「何か?」
モ○ック 「賢者って、暇なのか?」
クレリック「。。。まあダーハン島には他に遊戯もなさそうですし。。。」
モ○ック 「よ、よし、来年は見てろよー!もっと酷い問題を作ってやるっ!!」
クレリック「教授・・・・受験生が可哀想なので自重してください、。。。」

おわるっ!

[PR]

by exsir | 2014-04-14 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

ⅶ・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナー、今日は前回の放送の続き、『Lv5火土地にサルファーバルーン、リフレクションを掛けた状態 手持ちにグレムリンアムル、ネクロスカラベ これで拠点を奪う方法』の解答編です」
モ○ック 「セプター諸君に教えてやろう」


クレリック「では教授よろしくお願いします」
モ○ック 「うむ。まずは先週のおさらい、この問題のポイントを整理しよう。まず第1の難関はリフレクションが掛けられている点だ。通常攻撃は反射になるのをどうするか。 第2に拠点のHP。レベル5+サルファーバルーンでHP90となっている。 第3に防御側のアイテム。侵略側のアイテムを破壊するグレムリンアムルと復活アイテムのネクロスカラベ。特に問題になるのはネクロスカラベの存在だろうな そして最後の難関はサルファーバルーンの破壊時の能力、逆襲(侵略側MHP-40)をどう処理するかだったな」
クレリック「そうです。最終ターンで侵略側はこの高額拠点を奪うために踏みに行ったという場面です」
モ○ック 「まずリフレクションを突破するのにブラックオーブが必須だ。そしてLv5火土地のサルファーバルーンを倒すのにSTが90以上必要だ。さらに逆襲で死なないためにMHPが41以上必要になる。」
クレリック「既に該当するクリーチャーがいませんが…(素でST最高は80)」
モ○ック 「STはターンオーバーやウォーターアムルで育てられる。MHPはグロースボディ、マスグロース、ミューテーション、ハートフィブラ、ウィンドアムルで育てる。育てたクリーチャーを使うのはルールに違反しておらん。」

クレリック「最後にサルファーバルーンの使うネクロスカラベがありますけど。。。」
モ○ック 「それはクリーチャー能力で破壊する。つまり十二分に育てきったグレムリンがブラックオーブを持って移動侵略すれば奪うことができる! どうだ、完璧な答えだ!!」
クレリック「…えっと。。。いや確かにあってますけど。。。あ、えっとお葉書が届いているんだそうです。、この問題の解答を考えましたって 賢者アルダー様です。」
モ○ック 「ほうほうほう、きっとワシと同じ答えのはずじゃ どれどれ」
クレリック「えーーーー、『リトルグレイのブラックオーブ持ち。またはバルダンダースのブラックオーブ持ちがリトルグレイに変身。どちらも50%の確率ですけどね』。。。。だ、そうです。。。」
クレ モ○「「。。。。。。」」
モ○ック 「ご、50%なんて不確実だああ!!!」
クレリック「いやでもグレムリンをST90まで育てるほうがどうにかしてます。むしろアルダー様の答えの方が現実的。。。」
モ○ック 「う、ぐ、ぐぬぬ、 ま、まあさすが賢者というところかな」
クレリック「そうですねー。さすが教授よりも勝率が高い賢者様ですねー」
モ○ック 「うるさい、ほっとけッッ!!」
(怒ったモ○ック教授が映ったままFO)

[PR]

by exsir | 2014-04-11 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)

禄・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナー、今日もマルセスブルク在住のハンスさんからの質問です」
モ○ック 「どんな疑問にも答えてやろう」
クレリック「『モ○ック教授、クレリックさんこんにちは。私は王国親衛隊に勤めているハンスであります。火の拠点を守りぬける策を考えました。Lv5火土地にサルファーバルーン、リフレクションを掛けた状態 手持ちにグレムリンアムル、ネクロスカラベ これなら完璧でしょう!』・・まだ火属性で頑張るみたいですね」
モ○ック 「カルドセプト3DSの火属性に完璧は存在しないという事を証明する機会になりそうだな。。。」
  

モ○ック 「拠点の難攻不落化というのはシリーズが発売するごとに研究されてきた。安易な青天井利用、特殊能力の利用、スペルやアイドルを利用した要塞化などさまざまな強固な拠点が考え出される。と、同時にその拠点を突破する手法の研究も進んできたのだ」
クレリック「スペルの効果やクリーチャの能力が少しづつ変わっていますから、研究しがいがありますね」
モ○ック 「例えば、現在大流行の援護+アースシェイカー作戦は、スペルのスカルプチャーが無くなった事が大きく影響しておる。拠点候補をつくり、マスグロースしてスカルプチャーの対象外にするという手順が無くなった事が大きなプラスになり、安易な手段で援護クリーチャー拠点を強固にする事ができる。ティラニーはマスファンタズムでも上書きすればいいのだからMHP30以下援護クリーチャー天下だ」
クレリック「なるほど、1つのスペルがなくなっただけで大きな影響があるのですね」

モ○ック 「クリーチャーの特殊能力を活かした拠点は、うまく作られると崩しようが無い。。という話で、かつて『Lv1水土地にボジャノーイ、ランドプロテクション状態で手持ちアイテムにアワーグラス、カウンターシールド(旧作はカウンターアムル)、グレムリンアムル を踏んだ時に支払い回避するにはどうするか(レインフォース(ST+10/アイテムの戦闘後の能力上昇効果による強化はなく、スペルによる領地側・侵略側支援&応援効果は無いものとする、また即死は必ず発動するものとする)』という問題が王立セプター大学入学試験で出題されたことがあった。」
クレリック「かなり詰んでいる状況ですね。」
モ○ック 「王立大学入試だから入試問題はこれくらい難しくしなくちゃいかんだろ。」
クレリック「ちなみに出題者は?」
モ○ック 「ワシじゃ(`・ω・´)キリッ」
クレリック「。。。鬼。」


モ○ック 「さて、この問題の回答例だが、」
クレリック「これもサルファーバルーンを使えばいいというオチですか?」
モ○ック 「旧作はサルファーバルーンの逆襲がHP30までだった。それは不正解だな。今作は逆襲がHP40になったが、相手にカウンターシールドがあるからカウンターで確実に死ねる武器を持った状態、つまりオーディンランス、バトルアックス、クレイモア、ソウルコラプター、マインドリッパー、マサムネ、ライフスティーラーのどれかを持って戦闘した場合には最低相撃ちがとれるという事で正解だな。ちなみにサルファーバルーンは巻物は持てないからティアリングハロー持ちは正解にならないぞ。」
クレリック「他の回答例は?」
モ○ック 「ST50の先制持ちでアワーグラス/カウンターアムルをグレムリンアムルで突破できれば良いので旧作仕様のガーゴイル(配置でST50)、配置後に2周回したキメラ、戦闘で2勝したバルキリー、バ=アル、カード6枚持ちリリスの移動侵略も正解だ。」
クレリック「かなり正解が少ないですね。。。」

モ○ック 「他にレプラコーン+ダイナマイト、アンダイン(水無効)とカロン(物理無効)はボジャノーイの攻撃を無効化できるからティアリングハローで勝てる。今作の場合は他にスレイプニルの領地効果でワンダーウォールを移動させてティアリングハローという勝ち方もあるぞ。」
クレリック「案外回答が多くて驚きました。一応まっとうな問題だったのですね。」
モ○ック 「想像すらしなかった回答もあって、バルダンダースのティアリングハロー持ちがアンダインかカロンかワンダーウォールかケットシー(ST40以上無効・水配置制限+防魔持ちなので通常は水土地に攻め込めない)かシェルクリーパー(水無効)かデコイ(シェルクリーパーとデコイは巻物使用不可、バルダンダースの変身時はアイテム制限が無いので利用可能)に変身すればボジャノーイの攻撃を無効(反射)後にティアリングハローで撃破できる、バルダンダースのグレムリンアムル持ちがバ=アルに変身した場合も撃破可能だな。」
クレリック「これだけ回答が出るとなると、優秀な学生がたくさん入学したんですね!」
モ○ック 「いや、入試監督をしていた教授たちが試験中に考えた解答がほとんどだ。この問題に熱中して、『教授、もう時間なんですが。。。』『あと、5分待って!もうちょいで別解わかりそうだから!』とかいって、後日怒られていたそうだ。。。」
クレリック「その学校、ダメなんじゃ。。。」


モ○ック 「さて、本題に入ろう、Lv5火土地にサルファーバルーン、リフレクションを掛けた状態 手持ちにグレムリンアムル、ネクロスカラベ これで拠点を奪う方法を見つければ正解だ」
クレリック「教授にポイントを教えていただきたいのですが」
モ○ック 「まず注意する点は、問題の正解は『この拠点を奪うこと』という点だ。単に通行料を踏み倒すだけなら、ST<HPのクリーチャーでパワークラウンを使えばいいからな。最終ターンであえてこの拠点を踏んで奪いに行ったという場面を想定すればよいだろう。」
クレリック「奪わなくては負けという場面。しかし障壁は高いですね」
モ○ック 「うむその通りだ。まず第1の難関はリフレクションが掛けられている点だ。通常攻撃は反射になるのをどうするか。 第2に拠点のHP。レベル5+サルファーバルーンでHP90となっている。 第3に防御側のアイテム。侵略側のアイテムを破壊するグレムリンアムルと復活アイテムのネクロスカラベ。特に問題になるのはネクロスカラベの存在だろうな そして最後の難関はサルファーバルーンの破壊時の能力、逆襲(侵略側MHP-40)をどう処理するかだ。。。」

クレリック「えっと。。。ちなみに回答は存在するのでしょうか」
モ○ック 「もちろんある!。。。(はずじゃ。。。)」
クレリック「あるんですね!」
モ○ック 「次回発表するから、視聴しているセプター諸君は考えてみたまえっ!」
クレリック「えっ?」
モ○ック 「ではさらばだっ!」
クレリック「勝手に終わらせないでぇ~~~ あっ教授、逃げないで~~~!!!」

つづく!

[PR]

by exsir | 2014-04-04 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(1)

娯・モ○ック様のカード講座

クレリック「マルセスTVのご覧のみなさんこんにちは。レポーターのクレリックです。今日もソルタリア在住の科学者モ○ック教授のところにお邪魔しております。」
モ○ック 「モ○ックじゃ。よろしく」
クレリック「若いセプターから送られてきた疑問に答えるコーナー、今日もマルセスブルク在住のハンスさんからの質問です」
モ○ック 「どんな疑問にも答えてやろう」
クレリック「『モ○ック教授、クレリックさんこんにちは。私は王国親衛隊に勤めているハンスであります。』」
モ○ック 「またこいつか。。。」
クレリック「マルセスブルグにいるセプターが少ないので仕方ありませんよ」
モ○ック 「近隣には他にもセプターがいるだろ?」
クレリック「ザ○ルさんが文字を書けるとでも?」
モ○ック 「。。。。ああ、わかった。続けよう」
クレリック「『先日の放送で火属性がとても使いづらいと言っていたのはどうしてでありますか! なんとなくわかりますが説明をお願いしたいのであります!』 。。。薄々は気が付いているみたいですね」
モ○ック 「うむ、そのようだな。では具体的に話していこう」


モ○ック 「火は全体的にコストが高すぎる。またそれなりのコストながら攻防の主役となるべきMHP40に主役級がいない。水ならアイスウォール、アプサラス、イエティ、シーボンズ、ネッシー、フェイト、ボジャノーイ、リザードマンと撒きから強固な拠点候補、アタッカーに有力な領地効果持ちと揃っておる。地は援護利用が強いのでMHP40はあまり使われないがコカトリス、トウテツ、トロル、バンパイア、ヒーラーとなかなかの能力持ちが揃っておる。風はガルーダにガン=ジィ、ケンタウロス、コーンフォーク、スレイプニル、ダンピール、ナイトフィーンド、ホーリーラマ、ヨーウィ、ワイバーンと、めったに使う必要が無いクリーチャーまで含めて高スペック揃いだ。」
クレリック「風のMHP40グループの強さが群を抜いていますね」
モ○ック 「火はグラディエーター、ケマゾツ、サルファバルーン、ジェネラル=カン、ファイアードレイク、ヘルハウンド、マーネス、マトックテイル、ミノタウロス。それなりに頭数は居るが制限持ちが多くてコストも高いものばかり。バランス的に劣っておる」
クレリック「他の属性は一部使えない能力難のあるクリーチャーがいるのに、火属性は一部使えるクリーチャーがいるだけですね。コストバランスに難があるのはかなりのセプターが同意しています。」

モ○ック 「そしてプレイングが異常に難しい。属性メタのイエティがいる上に、風の超攻撃クリーチャーのガルーダ(地制限)、ナイトフィーンド(水制限)が無条件で侵攻できる。さらに無属性のシェイドフォーク、レッドキャップ、コロッサスまで食い止めなくてはならないという苦行の属性だ。」
クレリック「う~ん、この時点で構築を諦めるセプターさんが多いのもわかる気がします」


モ○ック 「プレイング問題について例を挙げて教えてやろう」
クレリック「具体例ですか。ではお願いします。」
モ○ック 「火を中心に構築するブックで有力なのはジェネラル=カンを活かした先制攻撃ブックだな。高額のコストの火クリーチャーは相応の能力を持ってくれているのを活用しつつジェネラル=カンのSTを伸ばしていく。攻撃側にST+20される脅威のアレス場との相性も良くドラゴン/キメラ/ジェネラル=カンといった先制&MHP50に、ファイアードレイクやゲマゾツなども加えれば大侵略ブックに仕上がる。主力のジェネラル=カンとファイアードレイクは+5青天井なのでガルーダやレッドキャップのような力押し攻略とまではいかないが、低レベル(1~2)の連鎖切りにおいては充分な威力を発揮する上、拠点候補地を睨むことでドレインマジックなども通りやすくなるという小技なども取り入れ、バランス的になかなか良いブックになっておる。」
クレリック「スペルも綺麗に噛み合ってなかなか強そうに見えますが」
モ○ック 「このブックはMHP50以上が居れば強化されるんじゃが、MHP50でアイテム制限がないクリーチャーが少なすぎる。コスト30のピラーフレイムは火のクリーチャーの中で一二を争う優良コストパフォーマンスクリーチャーで4積みで採用したいが防具が使えない。防具が使えないという事はイエティをカウンターシールドで倒せないから、イエティを適当に撒かれた時点でアウトになる」
クレリック「ガセアスフォームは道具ですから無効化で守れますよ。」
モ○ック 「肝心のジェネラル=カンが道具制限で噛み合わないんじゃ。開発の悪意を感じるな。」

モ○ック 「MHP50でお金を奪う能力があるウィルオーウィスプがかつては輝いていたんじゃが3DS版になり、城到着妨害スペルが徹底的に排除された結果、道中のお金奪いが軽傷になったので価値が相対的に落ちた。まあそれでも脚スペルの弱体化という若干のプラス要素とイエティの侵略をシールドで守れる上にニュートラクロークを使えばお金も奪えるので致命的な使い勝手ではなかった。隣接されたらアイテムをどんどん消耗させられるという問題は大きいんじゃが。」
クレリック「一時凌ぎできるのはプラスですが。。。苦しいですね」
モ○ック 「というところに登場したのが、ネット配信された新カード「パワークラウン」じゃ。」
クレリック「アイテムの道具でコスト60.HPの上昇が+(対戦相手のST)。単純な通常攻撃で殴る相手の攻撃を防げますね。」
モ○ック 「重要なのは雪辱能力を持つところだ。」
クレリック「雪辱[対戦相手をグレートフォシルに変える]。。というのは具体的にどういう力なんですか?」
モ○ック 「無効化持ちの高額拠点に踏み込んで高額拠点をグレートフォシルに変えると通行料が0になる。例えば風/地無効のG・イールのレベル5拠点に風クリーチャ(または地)で踏み込んでパワークラウンを使えばグレートフォシルに変えられる。カウンターシールドを使ってもカウンター効果よりも無効化による攻撃無効が優先だからグレートフォシル化が確定という恐ろしい踏み倒し手段だ」
クレリック「うわっ 凄い効果ですね。」
モ○ック 「イエティを相手にした火属性なら無条件で雪辱の条件を満たせる上に、イエティ側がグレムリンアムルを使ってもパワークラウンを破壊できない(破壊・奪取無効)
これでイエティの侵略を僅かに食い止める光明が出た火属性だが、ウィルオーウィスプは後手持ち。後手ではパワークラウンでイエティを封じることができない。。。どうにもならんな。。。しかも攻撃主力のジェネラル=カンもパワークラウンを使えないあたりが火属性の悲劇が加速しておる。」

クレリック「他のMP50以上のクリーチャーはどうなんでしょうか?」
モ○ック 「カード破壊のデメリット持ちながらステータス能力とも優秀なバ=アルは配置までに手数(コンジャラー配置~領地効果)か生贄&領地コストという問題が大きいし、カード破壊目的の戦闘への対処がなかなか頭が痛い。」
クレリック「ステータス的には最高なんですが。。。」
モ○ック 「カード破壊対策にはバサルトアイドルが一番だが、そうなるとガルーダ・レッドキャップの青天井やナイトフィーンドを相撃ちで封じるサルファーバルーンが機能しなくなるのもなかなか厳しい。火ブックはアイテム制限とクリーチャー相性と能力相性がお互いに悪い方向に干渉している上に、コストが重いという結論が良くわかるな。。。まあデメリットが少ないMHP50もおるが。。。」
クレリック「いるなら問題ないじゃないですか」
モ○ック 「ゴーレムが相応のコストで使えるが、特別な能力がないクリーチャーがベターな選択で頼りになるという時点で火は。。。はぁ。。。とため息が出るな。」
クレリック「厳しいですね。。。」
モ○ック 「唯一の救いは他の属性がMHP50以上を採用する機会が多い事で、他のセプターのクリーチャーによる底上げができる点かな」
クレリック「地ブックなんてMHP30の援護しか使わないのですが。。。」
モ○ック 「援護用として、ストーンウォール、マミー、コロッサスといった大型クリーチャーを採用するだろ、援護用といっても相手の撒き潰し&配置妨害用に配置する事が多いから噛み合う。 風単も撒きにマスターモンク 踏み対策にウンディゴあるいはレベラーを入れているケースも多いからこれもまた噛み合う。ライフォブックは大型クリーチャーばかりでこれも合う。じゃが、その+5の底上げしてくれているクリーチャーをどんどん踏み潰していかないと勝ちが無いあたりがこのブックの悩みだな」
クレリック「実に悩ましいブックです。。。」


モ○ック 「だが火は他の属性に無いオンリーワンの能力を持ったクリーチャーがおる。これを使えば打開策になると考えたセプターが研究を進め、この前のセプター学会で成果が発表されておる」
クレリック「もう既に嫌な予感しかしないんですが、結果を教えていただけますか」
モ○ック 「まずフェニックス [自破壊時、手札に戻る]という復活能力持ち。破壊されてから発動する能力がついで程度だったならば救いがあったものの、30-30のステータスでは死ぬのが前提といわざるを得ない。死ぬのが前提の遺産ブックに入れるならもっと他にいる。そもそも遺産ブックなら風属性とキッパリと駄目出しされた」

モ○ック 「バード [対戦相手を破壊できなかった場合、攻撃成功時、ランダムな空地に飛ぶ] 適度な相手を殴ってそのまま撒きになるという能力は良いが、領地を確保したとたんにデメリット能力になり、入替え後はステータスの低さから援護にも使えんのでやはり使い道が無い。。。同じコストでコンジャラーがいる事を含めて選択されないと駄目出しされた」

モ○ック 「ガスクラウド かつては火の拠点候補。[通常攻撃・受けるダメージの1/2]という能力はどこに撒いても排除されにくく、火の土地に配置できればさらに安定した高額拠点まで育てることができるというクリーチャーであったが、防具が使えないからイエティの侵攻を止められん。どこにでも撒くなら水のシェルクリーパーがコストが10安い上、イエティ・ガルーダ・ナイトフィーンドの盾になる点を含めても選択されないと駄目出しされた」

モ○ック 「ソン=ギョウジャ [援護:援護クリーチャーの能力を発動させる]:模倣 援護が圧倒的に優位な今作で火の切り札になるかと思われたが、模倣という能力があまりにも特殊すぎて専用ブックを作らなければまともな活用ができん。専用ブックを作ったが援護用クリーチャーの能力を活かしてそのまま拠点・攻撃に利用してソン=ギョウジャが活躍できなかったという話はセプター落語の定番のネタになっておる。。。ネタにしかなっておらん。」
クレリック「孫悟空なのにどうしてSTが0なんでしょうね。。。」
モ○ック 「それは開発が(ピーーーーーーーーーーーーーーーー)」

モ○ック 「パイロマンサー [アイテムを使用しない場合巻物攻撃[ST30]:相手が攻撃成功した場合、戦闘終了時、ST=20、MHP=30] 自動巻物攻撃を使える上にMHPが50あるという破格の能力を持っておる。ソン=ギョウジャの援護に使った場合に巻物効果が発動しないのでミスしたと思われつつも実はSTを20成長させることができる効果も大きい。援護に使ってもそのままでも腐らない超優良クリーチャーだな。」
クレリック「巻物での貫通は強いですが、誰もコモン巻物を使わないように30までというのは力不足では?」
モ○ック 「近作は援護が猛威を奮っているから貫通30は丁度いい。巻物を何枚も用意しなくても使えるのでデコイ撒き、シェルクリーパー撒きといった策を潰すことができるのは大きい。防御アイテムの取り回しが厳しい火属性が巻物を持たなくていいというのは大きなメリットで火のブックを作るならとりあえず入れるべきクリーチャーじゃな。」
クレリック「いいじゃないですか。火ブックに光が見えてくる良クリーチャーですね。」
モ○ック 「これだけ能力がいいと他の属性ブックもコモン巻物代わりに当然入る。で、ガスクラウドはもちろん、イエティの侵略を火属性で唯一無条件に止められるケットシーが逆に狙われるというオチでな。。。」
クレリック「。。。パイロマンサーは悪くないんですよね。」
モ○ック 「だけどな、、、、」


クレリック「他にいないんですか。」
モ○ック 「火属性のメタのイエティに対して水属性を刈るのを前提とした能力を持つクリーチャーもおる。」
クレリック「それを早く言ってくださいよ。」
モ○ック 「ラーバワームというクリーチャーで、貫通[水]を持つ40-50でコスト70と悪くないステータスだ」
クレリック「イエティには、即死(火属性60%)とか無効化(火属性)がありますけど、ラーバワームは?」
モ○ック 「ない!(即答) しかも防具が持てないのでイエティが来たら対抗できん」
クレリック「。。。性能差がありすぎる気が。。。」
モ○ック 「連邦の白いのと旧ザクくらいの差があるな」
クレリック「は?」
モ○ック 「いや、気にしないでくれ。ラーバワームのST40は悪くないステータスなんだが、水クリーチャーはMHPが高い奴ばかりで武器無し、条件無しで刈れる敵が少なすぎる。」
クレリック「もうなんというか、ご愁傷様すぎるとしか言いようがありません。」

モ○ック 「最終的な結論になるが、火ブックはサルファーバルーンを使うのが一番だ」
クレリック「相撃ちでなんとか相手のアタッカーを潰すという手段ですか」
モ○ック 「それは最終手段で、例えば、風単x2と火の戦いを想像してもらおう」
クレリック「火が一方的な狩場になる気がしますが。。。」
モ○ック 「Lv3サルファーバルーンが置かれたとする。シールド持ちだった場合。。。」
クレリック「ガルーダ+グレムリンアムルで簡単に踏み潰されますが」
モ○ック 「だが、貴重なガルーダとグレムリンアムルを失う。そうなるともう一人の風との戦いでナイキーを絡めたコンボやウインドアムルorボーパルソード&ガルーダを防ぐのが困難になる」
クレリック「ああ、意味がわかりました。第3勢力として相手の貴重な戦力を確実に削れるサルファーバルーンが他のプレイヤーには踏み抜けない存在になるんですね」
モ○ック 「その通り。風侵略も地援護もサルファーバルーンを消すには相応の出血があり、それによって本命の敵との戦いに支障をきたすという点を突くのが火の生き残る最善の道だ。」
クレリック「やっと火に光が見えてきた気がします」
モ○ック 「サルファーバルーンを8枚くらい積めれば楽になるんだが、今回はレイズデッドが無いのが辛いな。。。サルファーバルーンの役割が重要なので無計画に自爆させられん。拠点用、配置妨害、アタッカー殺し、アイテム消費目的。。。にうまく活用しつつ、戦局全体のバランス取りをして、戦局が傾いたところで一気にレベル上げ&敵拠点への自爆攻撃で勝負を決める!! これにつきるな」

クレリック「MHP50以上の相手ではサルファーバルーンでも力不足になりますが。」
モ○ック 「アーチャーを入れるのもありだが、それよりはプレイグで戦局全体を荒らすのが手っ取り早い。こちらは自爆が機能すればいいだけだからマイナスは少ない。ランプロはがしなども同時にできるからプレイグは1枚持っておくとよいかも知れんな」
クレリック「ところで、水の防御専門ブック相手にはどうすれば?」
モ○ック 「踏んでくれるのを祈るしかない(キッパリ)」
クレリック「。。。以上、最後は祈るという結論になりました。。。。」
モ○ック 「・・・はぁ。。。」

火属性使いセプター頑張れ!!、超頑張れ!!

[PR]

by exsir | 2014-03-28 22:22 | カルドセプト3DS | Comments(0)